輸入スタンプは、ラバースタンプの一種で外国からやってきたアンティーク調ともヴィンテージ調とも言われ、古風でレトロなものが多いです。大きく分けると、ウッドマウントと称される木の持ち手付きのタイプ、クリアと呼ばれる持ち手なしの透明タイプ、クリングと呼ばれるクッション付き持ち手なしのタイプ、アンマウントと呼ばれるラバーのみのタイプの合計で4種類を挙げることが出来ます。ウッドマウントは日本で最も多く用いられており、ありのままでインクをつけて使います。クリアはスタンプ専用のアクリルブロックにペトッとくっつけて押し、持ち手もクリアなので、ピンポイントで外れることなく自分の好きな場所に押せるという利点があります。クリングの取り扱い方はクリアと同じ様なものですが、スタンプのデザイン面の素材が違い、印面、クッション材、持ち手の構成です。クリアとクリングは収納場所も取らず、複数のスタンプを1枚のシートとして調達することが可能です。アンマウントは言葉通りマウントがついておらず、ラバー面とクッション材は別々に取り揃えて自分自身でスタンプを作ります。メリットはスタンプもクッション材も個別に入手する事で費用を抑えられ、また自分で製作する過程を堪能できますが、日本では依然として浸透していません。クルマ

Tags: , , ,

輸入スタンプで有名なのはアメリカやイギリスで作られているラバースタンプが多く日本のスタンプにはない芸術性のある独特で繊細なデザインが特徴です。基本4種のスタンプが存在し、持ち手有りと無しのスタンプ等に分かれ、個性があります。

Tags:

輸入スタンプとも、海外スタンプとも呼ばれることがありますが、どちらも同じ品物を指しています。 素材には、木やゴムが使用されることが多いです。 手先の器用さでは、負けていない日本人でもそのヴィンテージ風のデザインは真似することはできますが、やはりどこかが違ってきます。 これは、文化や歴史が違っているせいもあります。 特に不思議の国のアリスは、イギリスの有名なメルヘンでもあります。 最初の本の後でも多くの、出版社が違う挿絵で出版を試みます。 が、一番印象的なのは、最初の挿絵なのです。 そして、このスタンプを何の目的で、購入するのかというとそれはその人の持つアイデア次第で変わってきます。 通常の場合だったら、クリスマス用のカードやバースデーカードなどに使うことが多くあります。 しかし、このスタンプは、使うインクによっては、押す素材は紙・布・ビニール・ガラス・プラスティックなどにも可能なのです。 例えば、レターセットなどに可愛らしいポイントをつけたり、ハンカチやテーブルクロスなどにも押せます。 誰かにプレゼントするときのパッケージ用の紙などにアクセントとして使ってもオシャレです。 アイデア次第では、色々な利用が可能になってくる楽しいアイテムなのです。